生垣 あかめがし ( 紅要黐: ベニカナメモチ ) の剪定
正式には、ばら科カナメモチ属のベニカナメモチ です。
学名は「Red Robin」(レッド・ロビン)
ここらへんでは アカメガシで呼ばれているので・・・

【原産地】 ニュージーランドで交雑育成された種で、日本には近年導入されました。
【分 布】 積雪寒冷地を除いた比較的暖かい地域に分布します。
【用 途】 庭園樹、公園樹、とくに生垣として賞用されています。
【形 態】 枝が太く粗で、下部からよく萌芽します。新葉は紅色を帯びます。雌雄同株で、開花は5〜6月。新芽の先に円錐花序を出し、白色の5弁花を密集します。
【特 性】 陽樹。日あたりの良い適度に湿った肥沃土を好みます。半日陰でも育ちますが、木ぶりが粗くなり、花つきや新葉の紅色が悪くなります。植裁する場合は土地を選びませんが、やや粘質土壌のほうが樹形がしまります。
【管 理】 萌芽力があり、強いせん定に耐えます。3月下旬〜4月下旬、8月の年2回ほど刈り込むとよいです。施肥は寒肥として油かす、鶏ふん、化成肥料を与えます。病虫害は比較的少ないですが、虫害にハマキムシ、ヒメシンクイガ、アブラムシの被害があります。
このページの最後へ
あかめがし の表情1  1024x768

あかめがし の表情2 1024x768
つぼみから咲くまで 1280x960


1280 x 960




花が咲いている


花が終わった状態

あかめがし の表情3 ( 新芽のきれいな紅も落ちて緑になってきた。 ) 

たくさんの「みのむし」 (≧∇≦) ミノムシのページへ

イラガの幼虫   これが また大変!

手動式のポンプ式噴霧器

毎年、6月から7月にかけて大量に発生する。

葉っぱを食べた糞

剪定の様子(最初に側面を)  


まず、側面を剪定し、その後 上部を剪定します。
  長方形のイメージがありますが、実際にはやや台形状にしたほうが結果的に良く見える。


剪定後


あとかたづけに便利なゴミ袋


押し付ければ、相当入る。



塀にアカメガシを選んだ理由

   いくつか選択肢がありますが、やはり赤芽がきれいなので決めました。

   玉ものは、わりとうまく球状にできる。
   トピアリーも おもしろい。

   趣味で庭木を管理するのは、楽しいものです。
    

積雪状態 冬の庭へ


積雪を落とすのが、以外と大変! 物干し竿とスコップで・・・



このページの先頭へ


CRIMSON Systems Homeへ Copyright (C) CRIMSON Systems