sample     Raspberry Pi   Qwatch


● VS2010: Visual Studio 2010でのOpenCV環境セットアップ覚書   OpeenCV 2.4.10

   画像処理・画像解析および機械学習等の機能を持つC/C++、Java、Python、MATLAB用ライブラリ 。
プラットフォームとしてMac OS XやFreeBSD等全てのPOSIXに準拠したUnix系OS、Linux、Windows、Android、iOS等をサポートしている。 ( wikipedia OpenCV )




全体的な流れ
OpenCVのダウンロード
  @ OpenCVのダウンロードサイトへ 
  
  
 

 AOpenCV for Windowsをダウンロードする。


 BOpenCVののフォルダを指定し解凍する。
   

Visual Studio 2010でプロジェクトを作成し実行する
  ( 構成はReleaseでのサンプル )
 
@ファイル → 新規作成 → プロジェクト でプロジェクトを作成する。



AWin32コンソールアプリケーションを選択する。
 
 
選択後、完了ボタンをクリック
 
 


  Bソリューションエクスプロラーのプロパティを開く
 
 


  C構成プロパティ → C/C++ → 追加のインクルードディレクトリを編集する。
 
 


  Dopencv関連のインクルードファイルを編集する。
 
 


  E ビルドして実行する。
 
   int val,para_min,para_max,trackbar_value,trackbar_value_index;

   //画像データの読込
    IplImage* src_img = cvLoadImage("d:\\img\\sample.jpg", CV_LOAD_IMAGE_ANYDEPTH | CV_LOAD_IMAGE_ANYCOLOR);
    if (src_img == NULL){
        return 0;
    }

    //表示ウィンドウの作成
    cvNamedWindow("src");
    cvNamedWindow("gray");
    cvNamedWindow("dst");

    // パラメータ値の最小・最大を取得
    para_min = 5;
    para_max = 12;

    trackbar_value = para_min;  //トラックバー作成
    cv::createTrackbar("パラメータ", "src", &trackbar_value, para_max + 1);

    trackbar_value_index = -1; // 初期値

    if (trackbar_value_index != -1) {
        val = para_min + trackbar_value_index;
    }

    //処理後画像データの確保
    IplImage* dst_img = cvCreateImage(cvGetSize(src_img), src_img->depth, src_img->nChannels);

    // グレースケール画像用にメモリを確保
    IplImage* gray = cvCreateImage(cvGetSize(src_img), IPL_DEPTH_8U,1);
    cvCvtColor(src_img, gray,CV_BGR2GRAY);      //カラーからグレーへ変換

    // モノクロ用にメモリ確保
    IplImage* wb_img = cvCreateImage(cvGetSize(src_img), IPL_DEPTH_8U, 1); 
    cvAdaptiveThreshold(gray, wb_img, 255, CV_ADAPTIVE_THRESH_GAUSSIAN_C, CV_THRESH_BINARY, 7, 8);   

    //画像の表示
    cvShowImage ("src", src_img);
    cvShowImage ("gray", gray);
    cvShowImage ("dst", wb_img);


    //キー入力待ち
    cvWaitKey (0);

    //全てのウィンドウの削除
    cvDestroyAllWindows();

    //画像データの解放
    cvReleaseImage(&src_img);
    cvReleaseImage(&gray);
    cvReleaseImage(&dst_img);
 


▲ 上へ





CRIMSON Systems Homeへ Copyright (C) CRIMSON Systems